過払いはあると考えたほうが得

金利の法律によって生じる過払い金の問題

main-img

過払い金問題は、貸金業法の改正によって既に解決されている問題です。


従来まではこの問題は法律に違反しているかどうかわからないグレーゾーンの問題だったのですが、過払い金に関する問題が世間的にも周知された段階で法改正がありました。

その影響で、現在ではこの過払い金に関する法律的な問題は放置できないものとして解決することが可能になっています。

そのため、過去に貸金業者から多額のお金を借りて返済したときには、自身に過払い金の問題が生じていなかったのかをきちんと確認することが大事です。

そうすることによって、容易に法的手段でこの問題を解決することが可能になります。

貸金業者に対して借りたお金を返済しすぎると言う問題は、具体的に言うと利息制限法と出資法という二つの金利と利息に関する法律の問題として話題になりました。

プロミスの過払いについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

利息制限法よりも出資法の方が貸金業者としての取り分が多くなるので、消費者金融としては出資法をよく利用していたのです。

しかし、実はこの上限金利の違いに関しては法律的な罰も曖昧でどちらをどのようにして使って良いかわかっていませんでした。


そのため、貸金業者がより高い利益を得ることが出来たとしても、それが合法か違法かも判断できなかったのです。こうした問題点を解決するために法改正がされて、現在では違法と判断されて返したお金を返還してもらえるようになったのです。



過払い金の返還請求に関しては消費者の方が不利になることは絶対に無いので、安心して請求することが出来ます。



過払いの納得の情報

subpage01

消費者金融からお金を借りているときには、融資の元金だけではなくそれに設定されている金利と共にお金を返済しなくてはいけません。そのお金の返済に関しては、金利の設定上の問題で過払いというお金が生じることがあります。...

more

過払いの対策方法

subpage02

なぜ過払い金などというものが生じるのかをきちんと知っておかなくてはいけません。過払い金問題というのは、融資に関するトラブルで最も多い案件です。...

more

3から学ぶ過払い

subpage03

もし過払い金が発生していたら、すぐに返還請求をしましょう。待っているだけでは決して返還されません。...

more

知りたい過払い事情

subpage04

古くからキャッシングを利用している方なら、過払いはあると考えたほうが得です。弁護士に相談して、払いすぎた利息がないか調べてもらいましょう。...

more