• 地域ごとにお中元の時期が違うことに注意しよう

    日ごろのお世話になっている人に対して、感謝の気持ちを込めるのがお中元の重要な点です。

    暑中に送ることが通例となっていますので、このタイミングに応じて品を購入するのが普通です。
    しかし、お中元の時期についてはそれぞれの地域に独自性が存在しますので、その点を考慮して最善の選択をしなくてはいけません。

    例えば、北海道では7月の15日あたりから8月の半ばまでをお中元の時期であると考えています。


    普通は、7月の初旬に始まって半ばまでという考えが多いのですが、地域が異なるとタイミングにかなりの振れ幅がありますので注意をしなくてはいけません。

    お中元のことならこちらのサイトをご覧ください。

    問題になるのが、タイミングがズレていくことによってお中元と暑中見舞いの違いが判らなくなってしまうという点です。

    暑中見舞いは、基本的に相手の健康状態に気を使って送るものです。


    特に、近年は暑さがきつくなる傾向もありますので、相手がその暑さの中で本当に健康的に生活ができているかどうかを気を使うものです。反対に、お中元はどういった状況であっても感謝の気持ちが重要です。



    タイミングがズレて同時期に送ることになってしまったとしても、その気持ちは手紙などできちんと伝えておくことが通例です。
    相場についても、明確に決まっているわけではありません。



    一般的には3000円から1万円程度の間で十分ですが、送る相手によっては上下することもあります。

    特に、家族間で送る場合にはこれよりも低くて十分なので、ケースバイケースで考えることが大切です。

  • お中元の重要知識

    • お中元の洗剤と言えば定番ですが、洗濯・掃除・食器洗いなど普段の生活で欠かせないアイテムで、生活の中で使うごとに気持ちを豊かにしてくれるのでかなり優れたギフトです。定番の洗剤の選び方ですが必須なアイテムとはいえ、選ぶときに何でもよいと考える人は少なく、使いやすさ・洗浄力・肌や環境へのやさしさ・仕上がったときの感触、香りや原料、パッケージなど選ぶときにもたくさんの要素を考えます。...

  • お中元の耳より情報

    • お中元の品を選ぶときに困るのが何を贈るかですが、毎年同じものでも良いですがたまには違ったものを選ぶのもおすすめです。まず素材にも拘った見た目も美しい洋菓子だと、箱を開けるときもワクワク感があり仕事関係や家族への中元に向いてます。...

  • お中元の情報分析

    • お世話になった方へ贈るお中元は、先方にあわせて予算や商品を選ぶのがポイントです。お中元は渡す時期も大事で、一般的には7月上旬から中旬に該当します。...

  • お中元が気になる方

    • 夏の暑い季節に、今年の前半の期間にお世話になった上司や同僚、知人や親戚などに感謝を伝える贈り物として昔から利用されているのがお中元です。デパートなどでは6月から7月の時期にかけて特設コーナーなどが設けられますし、最近ではオンラインショッピングなどでもお得に定番の品物を送ることが可能となっています。...