外国人を採用する時に気を付ける点とは

日本では継続して人口が減っていて若年層が少なくなっているため、この状態によって労働者不足が顕著な状況が続いています。

その上に特定の業種に対する就業率が極めて悪くなっていて、人手不足によって廃業するところも出るようになっていて、この労働者不足は早急に解決しなければいけない問題になっているのは間違いありません。日本国内における労働者の確保が難しくなっているため、企業は外国人労働者を採用する動きが強くなっています。これは法律の改正によって雇用しやくなったという事情もありますが、国内だけでは限界があるので当然とも言えるでしょう。

この動きは働く場所が少ない外国の地域にとっては就業先を見つけられ、日本側も足りない労働者を補充できるのでメリットがありますが、生活してきた環境や状況が変わってしまうので注意しなければいけない点が発生します。外国人が日本で暮らすための問題点は言葉と、それまでの習慣を行うことに制限がかかってしまうということです。言葉については日本で働く前に一定の習熟度が求められていて、日常会話程度は話すことが前提になっています。

この条件によって全く話せないということはありませんが、難しい日本語や仕事における指示に対して解釈を間違える可能性があります。また習慣については日本では馴染みの無いものも多く、採用する前に認知していなければ周囲にいる人が困ってしまう場合が生じます。習慣については日本人では理解できないところもあるので、中間に入ってお互いに相手が何を考えているのか知らせる人が必要です。外国人を採用することはできますが考え方や生活環境が異なっているので、どちらにも理解がある人の存在が大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *