外国人を採用する場合の注意点

日本では労働人口の減少と特定の職種に対する就業率の低さから、外国人労働者の採用を積極的に行っている業種も多くいます。

労働者不足は以前より懸念されていましたが、法律によって以前は解決が難しかった内容です。現在は法律の改正によって一定の条件をクリアしていれば外国人を雇用することも可能になっていますが、実際に採用する際には注意をしなければいけません。外国人を雇用して就業してもらう時、最も懸念材料になるのは言葉の壁でしょう。これは日本以外の居住者を雇うので仕方が無いことですが、実際に業務を行ってもらう場合には大きな障壁になってしまいます。

それは意思疎通が上手にできないことで間違った解釈をされてしまったり、会話ができないために孤立感を強めてしまい、ストレスを生じてしまう可能性があるということです。日本語に堪能ではない外国人を雇用する時には、事前にどの程度の読解力があるのか確認を行います。この確認によって日常会話程度はできることがわかりますが、これはあくまでも形式的に判断されただけであり、実際に長い時間を一緒にいる状況では不具合を生じてしまうでしょう。

これは流暢な会話ができないために起きる現象であり、解決するには時間が必要になってしまいます。労働者不足を補うために他の国の人を採用するというのは諸外国でも行われていて、特におかしなことではありません。単に住むだけであればそこまで言葉の壁はありませんが、これが細かな指示が交わされる仕事ではとても重要になっています。そのため採用する前には実際に会話を交わしてみて、自分の目で確認することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *