外国人へビジネスマナー研修を実施する際のポイント

正しい挨拶や報告・連絡をするなど、ビジネスマナーは円滑に業務を遂行する上で非常に重要です。

それは海外から雇い入れた外国人従業員についても同じです。彼らも特別扱いすることなく、正しいビジネスマナーが出来る様に教育する必要があります。ただし、外国人に対してビジネスマナーの研修を実施する際には、いくつかの注意点があります。まず、何のために挨拶や言葉遣い、報告などの作法を覚えるのかという目的を研修の前に丁寧に説明することが重要です。

これは外国人に限らず邦人の従業員についても言えることですが、目的を明確にせずにカリキュラムだけこなしても意味がありません。正しいマナーは社内の規律を正してミスを未然に防ぎ、顧客へのイメージアップになるなどの効果があります。結果、業務の効率も上がって利益増大につながり、社員の給与アップにもなることをきちんと説明することが大事です。また、外国人にはビジネスマナーを研修する前に、日本の文化についても細かくレクチャーすることが大切です。

特にお辞儀や和室における作法などは我が国独特のものなので、なぜこういう所作をすれば良いのかということを理解してもらうことからはじめます。その際、その外国人の出身地での文化と比較しながら説明すれば、一方的な押し付けにならずに円滑に教えることができるかもしれません。研修の目的を明確にし、講師と研修生のコミュニケーションをしっかりとることで効果的な教育を行うことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *