外国人向けのビジネスマナー研修は必須

日本でも多くの外国人の労働者を受け入れるようになっていますが、受け入れの前には必ずビジネスマナー研修を行うことをおすすめします。

日本人でも難しいと言われているビジネスマナーは営業職などのためのものであると思われているかも知れませんが、互いに気持ちよく働くためには事前にしっかりとどの企業においても外国人向けのビジネスマナー研修を行う必要があります。その背景には、日本にやって来た外国人労働者の抱えている問題としてコミュニケーションなどが挙げられるからです。マナーというのは全国共通ではありません。

挨拶の時にお辞儀をするのは日本人特有のマナーであったり、挨拶なども言語が変わると当然違います。そのような基礎的なことがわからないまま受け入れると、挨拶の仕方などで知らない間に不快な思いをさせてしまうこともあります。日本人向けと外国人向けの感じで、ビジネスマナー研修の内容の違いで大きいのはこのような基礎的なことを学ぶことが出来るということです。

日本の当たり前が世界には通じないこともありますが、日本ではどのように対応をするのかということを理解しておくだけでコミュニケーションも取りやすくなり、気持ちよく仕事に取り組むことも出来ます。もちろん外国人向けのビジネスマナー研修においても、電話の取り方や名刺交換なども学ぶことが出来ますので、どのような職種で働く人でも、事前にしっかりと研修に参加をされることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *