普段何気なく使っている化粧水の使い方一つで、もっと効果的にスキンケアをすることができます。まず化粧水をつけるのに、コットン派と手の平派に分かれることでしょう。もちろん賛否両論があり、人によっても効果的だと感じる方法には違いがあるのが実情ですが、一般的に言って、手の平を使って化粧水をつけるほう肌に良いという意見をよく耳にします。それは、コットンそのものがお肌に刺激を与えてしまったり、お肌の表面に傷をつけてしまうことがあるからです。

それで、手の平を使って優しくお肌になじませることが勧められています。手でなじませる時にも幾つかの点に注意を払うなら、より効果的にスキンケアをすることができます。例えば、前もって手を温めておくようにし、なおかつ化粧水を手の平に取って温めてからつけるようにするなら、お肌に浸透していくのも実感できるでしょう。また、適量を使うというのも重要なポイントとなります。

一言で適量はどのくらいと述べることは難しく、基本的に、それぞれの人のお肌の状態によって変わってくると言ってよいでしょう。ポイントは、とにかくたくさんの量をつければよいというわけではなく、お肌の様子を見ながら少量ずつつけていくということです。たくさんつけ過ぎてしまうと、お肌は吸収することができず、かえって負担になってしまうからです。それで数回に分けてつけながら、お肌に手の平が吸いつくような感じを実感できるようにしましょう。