ビタミンCの効果には老化防止、美白効果、ターンオーバーの促進、皮脂の成分を抑える、シワ・たるみを防ぐといった美肌効果が期待できます。しかし非常に壊れやすく不安定な成分です。それを肌内部に浸透しやすい成分にしたものがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体の種類には水溶性と油溶性と両性の3種類があります。

もっとも浸透力が優れているのが両性になりますので『APPS配合』と表記された化粧水を選ぶのがおすすめです。では美容効果はどのようなものがあるのでしょうか。もっとも効果が得られる効果はメラニン色素の生成を抑制による美白効果です。シミやそばかすを予防ぎ、くすみを解消し透明感のある肌へ導きます。

また、皮脂の成分を抑えるので毛穴の開きやニキビを予防。抗酸化作用により老化防止。また、コラーゲンの生成を促すのでシワやたるみを防ぎます。ではいつどのように使うのでしょうか。

洗顔の後、手にとり温めてから顔全体になじませ、ハンドプレスで優しくつけます。パッティングはしないでください。肌へ刺激になります。まだ手がしっとりしているうちにつけないと化粧水が手に浸みこんでしまいますので注意です。

ビタミンC誘導体は皮脂の成分を抑える働きがあるため、乾燥しやすいというデメリットがあります。後につける化粧水やクリームはしっかり保湿できるものを使用しましょう。また開封後は指定があれば冷蔵庫で、指定がければ直射日光の当たらない場所で常温保存してください。さまざまなお肌の悩みを解消してくれるビタミンC誘導体化粧水。

乾燥というデメリットはありますが、それ以上にメリットがたくさんあります。普段のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。