化粧水を選ぶ時に、意識しておいて損がない成分がビタミンC誘導体です。野菜や果物に多く含まれている事で知られるビタミンCというのは、ハリと弾力のある肌を維持したいと考えた時に欠かせないコラーゲンの生成を助ける働きがあり、それによって新陳代謝を活発にしていく効果も期待する事が出来ます。新陳代謝が活発になれば、ニキビ等の肌トラブルが起きにくく、肌トラブルが起きても短期間で解消する状態となります。抗炎症作用もある為、炎症を伴うニキビが出来た場合も、早く治りやすい状態を作る事が出来ます。

更に、この成分には、紫外線等によって発生するメラニン色素を抑制する働きもあります。それによって、白くて綺麗な肌を維持しやすくなります。ですから、綺麗な肌を維持したいと考えた場合、この成分を意識しておく事が有効です。この成分は、そのままでは肌に浸透しにくい為、化粧水等に配合する時は、浸透しやすい状態に加工された、ビタミンC誘導体が使われます。

そんな肌に良い化粧水を使いたいと考えた時に重要になってくるのが、乳液とクリームです。化粧水は水性の為、つけた状態で放置をしていれば、すぐに蒸発をしていく事になります。そんな水分の蒸発を防ぐ役割をするのが、乳液やクリームで、美容成分によって良い肌に変えていきたいと考えるのであれば、乳液やクリームをつけるというケアまでを、しっかりと行っておく事が大切です。それによって、綺麗な肌へと変えていく事が出来ます。