敏感肌のにきび予防には、洗顔の見直しが大切です。まずは洗顔料です。にきび予防のために、皮脂を取り除く洗浄力の強い洗顔料を使いがちですが、敏感肌の方には刺激が強すぎて逆効果となることがあります。敏感肌の方には、保存料などの使われていない固形せっけんなどが向くでしょう。

せっけんはそれだけで皮脂を取り除く効果がありますし、固形せっけんはクリームタイプなどに比べて油分が少なくにきび予防にもぴったりです。そして、しっかり泡立てるためにスポンジやネットなどのアイテムを活用しましょう。しっかり泡立てることでクッションを作り肌に直接手をふれさせないで顔を洗うことが出来ます。洗う際は、皮脂の分泌が多い額や鼻筋から洗うようにすることで、頬や顎など皮脂の分泌の少ない個所を荒らすのを抑えることが出来ます。

泡のクッションで優しく洗った後は、優しく泡を洗い流します。このときもゴシゴシ水洗いをしたり、シャワーの水を直接肌に当てるようなことはせずに、優しく水洗いします。生え際など洗顔料が残りがちな場所もしっかり洗い流します。洗顔料が肌に残ってしまうと、それがにきびの原因にもなってしまうので気を付けます。

洗い流した後も、優しくタオルで押さえるように水分を取り除きます。濡れたまま自然乾燥してしまうと、水滴が蒸発するときに肌の水分も一緒に蒸発してしまうので、肌荒れの原因になります。そして、洗顔によって失われた水分を化粧水などでしっかり補給します。乾燥状態を放置すると、肌を守ろうと過剰に皮脂が分泌されてせっかく洗顔した意味がなくなります。

正しく洗顔をすることで、にきび予防につながります。