近年では、背中にできるにきびに悩まされる方が増えています。背中はなかなか鏡で見えにくい部分なので、にきびができてもケアするのが非常に難しい部分です。そもそも背中にきびの原因は、特に皮脂腺が多く分布している場所だからです。皮脂が多く分泌されることで、アクネ菌が生息しやすい環境だということです。

その他にも、昨今では仕事で長時間にわたりパソコンを使用することも原因となります。パソコンを使うと必然的に肩や背中が凝ってしまいます。すると、背中への血行が滞りがちになるので、皮膚をきれいに保つための栄養が十分に届けられなくなります。そうなると、古い角質が上手く排出されなくなるので、毛穴が皮脂や角質でつまってしまいます。

不衛生な状態が長く続くことで、ニキビになります。上記のようなにきびを予防するには、まずは背中に付着した皮脂をこまめに落とすことが大事です。特に夏などは汗をか気安いので、こまめにシャワーで背中の汗を流しておくことが予防になります。それと、吸収性の高いコットン生地の下着を着用することも大事です。

背中の汗を生地がこまめに吸収してくれるので、肌を清潔に保てます。その他にも、パソコンなどを頻繁にする方は、運動を頻繁にして血行を促すことが予防となります。運動が苦手な方は、お風呂で湯船にゆっくり浸かることで血行を促進できます。色々な入浴剤がお店で販売されているので、それらを湯船に入れて楽しんでも良いです。