VPSでのセキュリティ設定の方法

img-1

VPSサービスではセキュリティ対策としていくつかオプションを用意していますが、ベースとなるOS側の設定がされている条件で提供されており、各利用者の設定責任は残ります。

VPSサービスで用意されていることが多いセキュリティ設定オプションの一つ目はファイアウォールです。


共用システムとなるケースもあるようですが、通信関連をすべて制御してくれます。ファイアウォールの設定は複雑ですが、分かりやすいUIの管理ツールが用意されることが多いです。

2つ目はVLANです。複数台VPSサービスを利用しているユーザー向けに提供されることが多いサービスであり、プライベートネットワークを作ってくれます。

グローバル回線とは別に用意され、他のサーバからのアクセスもありませんので重要なデータのやり取りができます。



また、グローバルから切断してサーバを運用することもできるので、Webサーバとデータベースサーバを分離して運用するなど、これまで社内サーバなどで行えたサーバ構成を作ることもできます。3つめはVPNです。

サーバー情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

社内システムをVPSサービスで運用するときなどに利用されるオプションであり、安全に遠隔地にあるサーバを使う方法です。

一つ上のBIGLOBEニュースの情報が必要なタイミングで手に入ります。

セキュリティ面でとても効果があり、サーバをすべてプライベートネットワーク内に隔離した上でVPNで社内と繋ぐことで社内に物理サーバを置いたような感覚で利用できます。


VPSサービスではさらにセキュリティに関するオプションを増やす検討がされており、便利になってきています。

関連リンク

img-2
VPSでマインクラフトのサーバを建てる

マインクラフトは全世界で人気があるゲームですが、シングルプレーだけではなく、マルチプレーでも人気があります。マルチプレーの場合は利用する人数に応じてサーバが必要となりますが、自宅でサーバを建てる人もいますが、VPSサーバを利用する方も増えています。...

more
img-2
VPSでのセキュリティ設定の方法

VPSサービスではセキュリティ対策としていくつかオプションを用意していますが、ベースとなるOS側の設定がされている条件で提供されており、各利用者の設定責任は残ります。VPSサービスで用意されていることが多いセキュリティ設定オプションの一つ目はファイアウォールです。...

more
top