なぜ過払いが生じるのかを知っておこう

subpage01

なぜ過払い金などというものが生じるのかをきちんと知っておかなくてはいけません。


過払い金問題というのは、融資に関するトラブルで最も多い案件です。しかし、基本的に過払い金問題が生じるときには消費者が何の非もないことが多く法的手段を利用すればほぼ間違いなく融資に関するトラブルを解決することが可能です。

なぜ消費者に非がない問題なのかと言うと、この問題は消費者金融が設定する金利によって生じているからです。
消費者金融が設定する金利に問題があるから生じるものなので、消費者からの故意や過失で生じているわけでは決してないということを知っておかなくてはいけません。

消費者の故意や過失によって生じているわけではないので、消費者がこの問題で責任を取る必要は一切ありません。

実際に、この問題で最も大切になるのは消費者金融がどのような金利を設定したかにあります。

プロミスの過払い情報の豊富さで有名なサイトです。

消費者金融は金利の設定を特定の法律に依存して行うことになるのですが、過払い金が生じているときにはこの特定の法律を無視した金利を設定しているのです。



具体的には、消費者金融が利用してはいけない金利の法律をもとに金利を設定していることになります。



このような状況になっているときには、まず金利の状況を把握して本当に消費者金融が間違った設定をしているかどうかを法律家に相談して確認しなくてはいけません。
この確認が終わった後に、法的手段を利用して過払い金の返還を請求することになるのです。